車をおしゃれに見せるラッピング

車の内装にぬいぐるみを置いたりアクセサリーを付けたりすることでおしゃれな内装にすることと同様に車の外装をおしゃれにすることができるのがラッピングです。ラッピングを行うには自分でやる方法と業者に頼む方法があります。そもそもラッピングとは塗装と違いフィルムを張り付けるだけなので手間もかからず飽きたら簡単に剥がして別のフィルムを張り付けることができるためその時その時の気分で交換することも可能です。また、おしゃれになるだけでなくフィルムを張り付けるため多少キズに強くなるというメリットもあります。

個人で車にラッピングを施すには自分でオリジナルのフィルムを作る方法とカッティングシートを使って張り付ける方法の2種類があります。オリジナルのフィルムを作る場合は専用のプリンターが必要になり安価なものでも15万円ほどかかりますが、パソコンなどで描いたイラストなど印刷することでオリジナルのフィルムを作ることが可能です。カッティングシートを使う場合は自分の必要な形状を切り出して張るだけで簡単にラッピングを行うことができます。業者に依頼する場合個人で行うことよりも品質が良くクオリティを期待することが可能です。

それに加え専門家からのデザインの観点など総合的なアドバイスを受けることができコストパフォーマンスに優れているという特徴があります。ただし業者の中にはノウハウを持っていないところもある為依頼したところがきちんとしたノウハウがあるのかを見極める必要が出てきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です