力を入れて売りたい時はイベント車両にラッピングを

企業で新製品を出すことになった時、力を入れているものであればあるほど、売れて欲しいと願うのは当然のことだと思います。それゆえに宣伝は欠かせません。そうなるとテレビやラジオ、新聞、雑誌といったメディアを始め、街頭の広告、それにインターネット上の広告やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の活用なども行うと思います。そうやって多くの人に知ってもらい、製品の便利さや使い勝手、食べ物であれば美味しさや食感など、ファッションなら着心地やデザインなどの良さをアピールしたい所です。

時にはイベントを企画し、人の集まる場所で試供品を配るキャンペーンなども行うこともあるでしょう。ところでイベントと言えば、イベント車両を使うと効果的かもしれません。さらにイベント車両にラッピングを行うともっと宣伝になります。ここで言うラッピングとは広告手法の一つで、塩化ビニール製の薄いフィルムでイベント車両を包み込むことです。

そのフィルムに製品の写真やイメージキャラクターなどを大きく印刷し車体に貼るのです。そのためイベント車両はバスとかトラックのような大きな車体のものがいいでしょう。トラックだと荷台を開けるとステージになっているタイプにするのもいいかもしれません。何かのショーを行いながら宣伝することも可能です。

ラッピングは車体全体を覆うように貼り付けることが出来るので、車体の横だけでなく、後ろも、そして屋根の上にも施せます。それゆえに大きな広告になります。かなり目立つので、その宣伝効果は高いでしょう。力を入れて売りたい新製品ならそういった方法も考えてみてはどうでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です