建設現場を支えるコンクリートポンプ車

コンクリートポンプ車とは、建設現場や建築現場などでコンクリートを圧送するために必要なポンプ車です。現場にミキサー車で運ばれてくる生コンクリートを、打設場所まで送るために必要な車両です。平地でありミキサー車が横づけできるような現場ならば良いのですが、ミキサー車から打設場所までが離れていたり、ビル現場の高い場所だった場合には、コンクリートポンプ車が必要になります。つまり、殆どのコンクリートを打設する現場では、なくてはならない現場を支える車両の一つです。

最近では、操作をする人が民間の資格や国家資格が必要とされる場合もあります。それだけ高い技術と的確な判断が求められるということです。単に操作をするだけでは、現場の要望に応えられません。コンクリート打設時の、その場にいる専門職の方々とのコミュニケーションも大切です。

息が合った現場仕事というのは、それだけで安全性が増しますし、作業のスピードアップにもつながるからです。橋や建物、あらゆる場面で活躍をしているのがコンクリートポンプ車なのです。世界的には非常に大型のポンプ車も存在します。高さが50メートルにまで及ぶ車両さえあります。

国内の通常の現場では、なかなか目にすることも無いかもしれませんが、特殊なケースでは必要とされることもあります。活躍をしているのが分かり辛いかもしれませんが、あらゆるコンクリート打設の場面で活躍しています。今後は車両の高性能化も進むかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です