コンクリートポンプ車の重要性

現在の日本において、コンクリートはあらゆる場面で使用されています。日常生活に関連する様々な場所に活用されています。コンクリートなくしては、安心で安全な日常生活を確保することは非常に困難といえます。このようなコンクリートですが、最初から強度や硬度があるわけではありません。

最初はフレッシュコンクリートという柔らかく流動性を保持した性質のコンクリートです。コンクリート工場において、セメントや水、骨材などを使用して生産され、専用のミキサー車で配送されます。そして、配送先の用途に応じて、コンクリートを使用するのです。ここで、重要になるのがコンクリートポンプ車です。

ミキサー車から、直接コンクリートを必要箇所に排出する方法もありますが、建築物などの狭い場所や複雑な構造部分には、コンクリートポンプ車を使用し慎重に排出しなくてはなりません。また、排出されたコンクリートが均等な性質になるように、バイブレーターを使用しながら作業を進めるので多くの時間を要します。また、フレッシュコンクリートは、気温が高い気象条件においては硬化速度が速くなります。そのため、特に夏季においては綿密な計画を立てる必要があります。

コンクリートポンプ車の排出速度、工場から現場までの輸送時間など、様々な要素を考慮しなくてはなりません。最近は地震対策として、建築物の耐震補強工事の必要性が増加し、その多くでコンクリートポンプ車が使用されていることから、今後も需要は高まるといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です