自動車のボティをきれいに保てるガラスコーティング

自動車のボティをきれいに見せるのには、以前でしたらワックスをかけるのが普通でした。ところが、ワックスをかけるのは比較的簡単ですが、効果が長持ちしません。そこで、代わりに行われるようになったのが、ガラスコーティングです。この方法で自動車のボティをガラスコーティングしておきますと、常にきれいなボティのままで、汚れがつきにくくなり、例え汚れても水洗いだけでほとんど落とすことができます。

また、洗車時についてしまいがちな細かい傷からボティを守る効果もあります。そして、この方法で1回コーティングしておきますと、普通の使い方でしたら、最低でも1年、一般には数年間効果が持続します。このように利点の多い自動車のガラスコーティングですが、専門の業者に依頼しますと、少々費用がかかります。おおよその目安は、数万円から10万円程度です。

そして、コーティングが乾くまでに、長いと1週間くらいかかります。ガラスコーティングを専門業者に依頼すると費用が高いですから、自分自身で市販のコーティング剤を使って行うこともできます。ただ、費用は節約できますが、それなりの技量がなければ、きちんとしたコーティングができません。そして、コーティングが乾くまでの期間は、専門業者に依頼するときと同じくらいかかりますので、その間はガレージなどに駐めておいてボティの表面を守らなければなりません。

このようにデメリットもある自動車ボディのガラスコーティングですが、きれいなボティ、傷がつきにくい、普段の手入れも簡単という効果が長続きするという魅力は捨てがたいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です