自動車のガラスコーティングとガラス系コーティング

自動車のコーティングには、ガラスコーティングとガラス系コーティングがあり、一般には無機質でコーティング剤塗布後に化学反応して硬い皮膜を形成するのがガラスコーティングで、有機質で化学反応はなく乾燥によって固まる物をガラス系コーティングと区別されています。ガラスコーティングは、自動車のコーティング方法で最も優れていて、ガラス特有の透明感のある艶出しと撥水能力があり、非常に硬い皮膜をボディ表面に形成するので些細な傷付きや汚れ防止効果などがあり、持続効果は1年以上と長くなってます。また、ガラスコーティングは、含有する成分によってシラン系とシラザン系の2つに分かれていて、シラン系は艶出しや深い発色に優れ、シラザン系は自然な艶出しと皮膜の硬さに強みがあります。ガラス系コーティングは、樹脂系コーティングにガラス繊維を入れた物や、ガラスコーティングに他の成分を混ぜた物などがあり、艶出しや撥水効果と、硬い皮膜を形成するので微細な傷程度であれえば防止効果があり、持続効果は1年程度あります。

双方のコーティングとも、油脂成分が少ないので、施工前の傷など目立たなくしたり消す事は不可能なので、施工前に処理しておく必要があります。また、自動車が汚れた場合は、水洗いやカーシャンプーなどで簡単に奇麗な状態になり、ウォータースポットなども付き難いようになっていますので、双方とも手間がかからないコーティング方法となります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です