立体駐車場と平面駐車場の違い

駐車場を運営するにあたり、立体と平面のどちらかを選ぶ必要があります。このような場合には、この二つにどのような違いがあるのかを、事前に把握しておくことが大切です。まず最初に一つ目にあげられることは、適した土地の条件が異なるという点です。平面の場合には、立地が良ければ、どんなに狭い土地でも始めることができるでしょう。

アクセスの良い土地であれば、自宅の一角を1から2台分ほどの駐車場にして運用を開始することも十分に可能です。とはいえ立体駐車場の場合にはこのようなことは難しくなります。自走式の場合には車路が必要となる為、それに見合うだけの広さの土地が必要です。機械式の場合には、広い土地はそれほど必要ないのですが、機械の設備を行わなければならず、コストに見合う需要があるかどうかが重要です。

立体駐車場は、大型ショッピングモールだと、集客力が高い施設が多くある地域でなければ、利益を上げることは難しいでしょう。そしてもう一つの違いは、初期費用や管理費用が割高である点です。既に土地を持っているのであれば良いかもしれませんが、それでも更地にした上でアスファルト舗装を行い、ラインを引き車止めを設置します。その他にも照明をつける必要があり、これでようやく運営が開始となります。

初期費用は1台当たり10から50万円ほどとみておけばよいでしょう。立体駐車場の場合には、建物を建設する必要があり、初期費用は自走式との場合でも100から350万円、機械設備が必要となれば、100から500万円ほどかかることでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です