機械式立体駐車場を利用する際には十分に注意しよう

限られた土地を有効活用できるというメリットを活かして、多くの商業施設やマンションなどでは、機械式立体駐車場が設けられています。狭いスペースでも多くの駐車スペースを設けられることから、これがメリットと言える反面、実は人が挟まれるなどして大怪我をしたり、場合によってはなくなる事故も相次いでいます。利用する際には十分な注意が必要です。発生場所としては、事故の約4割ほどはマンションの機械式立体駐車場で発生していると言われ、日常生活に身近な場所に置いて、何件もの痛ましい事故が起きているということがわかります。

このような事故を防ぐためには、経営者側の安全対策も求められますが、やはり利用者が注意をする必要があるでしょう。駐車装置は車と機械装置を合わせると1トンを超えるような重いものを動かすということになります。万が一操作をミスした場合には、たとえ大人でも命の危機にさらされ、大怪我を負う危険性も高まります。これらの危険性をよく理解した上で、普段から使い慣れている場所かもしれませんが、油断することなく事故防止に努めましょう。

機械式立体駐車場を利用する際の主な注意点としては、なんといっても運転者以外は駐車装置の中に入らないことです。同乗者の乗り降り、荷物の積み下ろしなどは、必ず駐車装置の外で行うようにしましょう。操作を行う時には、周辺に人がいないことを自分の目で確認します。中には人の有無を感知する人感センサーが設置されているところもありますが、場合によってはセンサーが感知しないこともあるため、センサーだけに頼るのではなく、自分の目で装置内に人がいないかどうかを確認することが重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です