立体駐車場は自走式と機械式のどっちがいい?

立体駐車場には自走式と機械式があり、どちらも一長一短あります。自走式はその名の通り空いている駐車スペースまで自走して駐車することが可能です。メリットはほとんどの乗用車なら駐車することができ、決められているサイズを少しオーバーしても問題ないことがほとんどなので、大きめのSUVやセダンに載っている方も安心して止められます。また、隣接する施設と通路で繋がっていたり、施設に組み込まれていたりすることが多いため、雨の日でも気にせず利用できることもメリットの1つです。

デメリットは古い自走式ほど止められるサイズが限られていることです。中に入ってしまえば問題ないことがほとんどですが、入り口が極端に狭かったり、自走部分が狭く切り返しが難しかったりすることがあるので注意が必要です。入り口に警備員がいる場合は車種によって断られることもあります。機械式はパレットに車を乗せて観覧車のように回転する立体駐車場です。

メリットは車をパレットにお頭から入れるだけで駐車でき、乗り込むときもバックだけで出すことができることで、わざわざ駐車した場所を探す必要はありません。マンションやデパートなどでよく見かける細長いタワーも、このタイプです。デメリットは自走式の立体駐車場のように融通がきかないことで、決められたサイズを守らずに入庫しようとするとブザーが鳴ってしまったり、タイヤやホイールを擦ってしまったりしてしまいます。多くの機械式は幅が1、850ミリ以内なので、多くの国産車は問題なく駐車することが可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です