立体駐車場の特徴とは

立体駐車場の特徴は、平面駐車場と比較してみると分かりやすいです。立体駐車場は、フロア階層を増やすことで、同じ敷地面積であっても平面駐車場に比べると合計の駐車台数を増やせることはすぐに分かります。一時預かりの駐車場であれ月極であれ、一般的に駐車スペースを提供することは経済的収入をもたらしますから、同じ土地代を負担している場合に合計の駐車台数が増やせる立体駐車場のほうが、収益面でのメリットが期待できるわけです。一方で良いことばかりではありません。

平面駐車場であれば、事実上その土地さえあれば他には何もなくても駐車場に活用することが可能です。普通はそれでも駐車スペースの区切りを示すラインを引くとか、利便性とか他との差別化のためにアスファルト舗装をしたりすることも多いですが、それ以外には無くても構いません。ですが立体駐車場の場合はそうはいきません。ビルのような建物を造る必要があります。

簡素なものであればビルのような外観ではなく、単に金属製のフロアやスロープを設けるだけでも十分ですが、それでも平面式とは比較にならないくらいの設備が必要になってくるわけで、それだけ初期投資が必要になります。それでもそれに見合っただけの需要があれば良いですが、立体式で造ったにもかかわらず、車が停まっているのは1階部分だけということでは意味がないのは誰が考えても分かります。そういうことにならないよう、需要をしっかりと見極めなければなりません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です