大きくコストカットを行える立体駐車場の魅力とは

不動産投資の方法にはアパートを中古で購入をしたり、大都市のマンションの一部屋を購入したり、資金力のある方は新築でアパートやマンションを建設して投資を行っている方も大勢存在しています。そもそも不動産投資の場合はミドルリスクと言われているように、失敗してしまった際の損失額はそれほど大きくならない特徴があります。考え方次第では、賃貸アパートを購入したり建設を行う方法以外に、立体駐車場を作った方が儲かるという事例も多数あり、土地のある場所により大きく左右されますが、この投資方法であれば運用していく中で費やしてしまうお金をコストカットすることにも成功できます。普通の賃貸アパートでは管理会社に管理を委託する方法が行われていて、昨今では24時間対応などサービスの良い管理会社が増えていることも実情です。

オーナー側は管理費と修繕費などが掛かってしまい、家賃収入に対しての利益率が下がってしまうタイミングはあります。面倒に感じることや数理修繕費用やリフォーム費用を支払い続ける方法に対して、立体駐車場の場合ではランニングコストを大きくカットすることができます。自動式の入出庫システムを導入することで、完全に無人で営業を行えることや、立体駐車場の場合はコンクリート造の建造物になるので、かなりの耐久性を実現しています。オーナーとなった方は、定期的に立体駐車場に備え付けの機器から現金を回収したり釣銭を満タンにしておくだけで済ませられる投資物件なので、面倒に感じる対応や突発的に起きる修理費用などもカットすることができます。

自宅から離れた場所に立体駐車場を建てた方は、現金回収や釣銭の準備、清掃作業などを引き受ける会社があるので、遠過ぎる場合では委託を視野に入れても経費は多額になることはありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です