条件に合った立体駐車場を選ぶことが大切です

立体駐車場には自走式と機械式の2種類があるので予算や用途、メンテナンスや設置場所などの条件を考慮して最適なものを選ぶ必要があります。自走式はドライバーが車両を運転して目的階まで移動するタイプで、開放的で利便性が優れているためショッピングモールなど大型施設で採用されています。このタイプは車両の出し入れが容易で、入出庫時の機械操作による待ち時間が少ないというメリットがあります。屋上以外であれば直射日光や雨風から車両を保護でき、平面の駐車場と比べて収容率が優れています。

機械式の立体駐車場は駐車装置に車両を乗せて運搬と入出庫を行うという特徴があり、狭い敷地でも多くの車両を収容できます。車両が装置の内部に収容されるため容易に近付くことができず、車上荒らしやいたずらなどを防ぐことが可能です。自走式よりも頻繁に設備のメンテナンスを行う必要があるものの、限られた土地でも多くの車両を効率的に駐車できるため収益性が優れています。立体駐車場は平面駐車場と比較して多くの車両を収容できますが、自走式と機械式には大きな違いがあります。

広い土地を確保でき利便性の高さを重視する場合には自走式が適しており、狭い土地を有効活用したい場合や収益性の高さを重視する場合には機械式が適しています。維持費を考えると自走式の方が有利ですが、機械式は収益性が高いのである程度の維持費がかかっても収容台数を増やして利益を得ることが可能です。立体駐車場のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です