中古車のバイクを購入する時のポイント

中古車でバイクを購入する時には、いくつかのポイントをしっかりと確認しないと購入後のランニングコストが非常に高くなる可能性があります。特にバイクに関する知識があまりない状態の人の場合、中古車販売店の言い分を鵜呑みにしてしまうことが多くなるため、十分に注意することが必要です。バイクに限らず、車の中古車を購入する時にも同じような事が言えるのですが、「絶対にチェックしなければいけないポイント」を知っているかどうかだけでも大きな違いがあります。その為、まずは最低限度のチェックポイントは客観的な判断が出来るようにすることが大切です。

例えば、「エンジンの状態」に関しては、完ぺきではなくともある程度の違和感を察知できるようにする必要があります。エンジンの状態を判断する上で大切なことは「安定性」です。キックもしくはセルでエンジン始動後、「如何にスムーズに回転が安定するか」は重要なチェックポイントになります。エンジンは、使用状況やメンテナンス環境によって状態が大きく変化します。

状態が悪くなってくると、始動後すぐにアイドリングが止まってしまったり、異音(メカノイズ)が大きいと言った部分で判断することができます。また、排気煙の量や色からも状態を推測することができます。慣れてくると一目で判断できるようになりますが、まずは「始動中のエンジンが静かかどうか」、そして「チョークを引かない状態でアイドリングが安定するか」を重点的に判断すると良いでしょう。立体駐車場のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です