状態の良い中古車を選ぶポイント

中古車を購入する際は事前にしておくべきことや状態の良い自動車を選ぶ際のポイントがあります。まずどの中古車を購入するか決める前に予算をきちんと決めます。今乗っている車があるのであれば概算の査定額を出しておきます。もしくはディーラー等で見積もりをあらかじめ出してもらっておきます。

その後適切な中古車を選び出しますが、良い状態の自動車を選ぶ基準として、事故歴や修復歴はないか、何人の所有者が変わっているかなど上げられます。メンテナンスノートをじっくり見て、おかしなところはないか確認することも大切です。そして売主からその車の詳細を聞きます。買ってから損のないようにあらかじめ思いつく限りの質問を用意しておいた方がよいでしょう。

実際にその自動車を運転して走行具合を確認することも大切です。エンジンのかかりは良いか、過度の煙は出ていないか、異音はしないかなどに注意します。最低でも15分から30分試乗することが必要です。その他にもギアの入り方は良いか、ブレーキのかかり方は正常か、ステアリングやサスペンションはしっかりしているか等のチェックも大切です。

満足のいく買いたい中古車が見つかったら、購入の交渉に入るわけですが、出来るだけ安く購入するために値引きを申し出します。売主は査定価格に対して利益分をのせているのが通常ですので、状況によってはかなりの値引きが期待できることもあります。また個人からの購入ではなく、ディーラーや中古車専門の販売であれば、保証はどれくらいの期間がつくのか確認することが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です