行ってわかる名古屋の医療脱毛のすごさ

永久脱毛の定義と方法

永久脱毛をすれば、永久にムダ毛が生えてこなくなるような気がします。しかし、本来の定義では、脱毛の施術を終えてから1カ月後の時点での毛の再生率が20%以下であることとされているので、毛が少し生えても20%以下なら永久脱毛と呼んでいいことになります。現在の日本で、永久脱毛として国に認められているのは、医療レーザー脱毛です。病院で使われる医療用のレーザーを、皮膚の上から当てるという施術で脱毛していきます。

レーザーは、特定の波長の色に集まるという特徴があります。脱毛に使われるレーザーの場合は、黒い色に反応するように作られていて、照射すると皮膚ではなく毛に集まるようになっています。毛に集まったレーザーは、熱エネルギーとなり毛根を破壊することで、毛を生えなくさせます。脱毛サロンやエステでは、レーザーを使うことができないので、弱い光であるフラッシュを利用して施術をしています。

しかし、フラッシュには毛根を破壊する力がないために、せっかく施術しても再び毛が生えてきてしまうことが多くあります。毛根にダメージを与えるというのは医療行為であるために、永久脱毛はエステでは行ってはいけないためです。そのため、エステでは毛を減らすという抑毛や減毛という施術を扱っていることになります。確実にムダ毛を減らしたいときは、永久脱毛である、医療レーザー脱毛を受けるのがいいでしょう。

エステより料金は高くなりがちですが、その分効果的な脱毛ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *