行ってわかる名古屋の医療脱毛のすごさ

永久脱毛で理想の肌状態をキープ

永久脱毛とは、文字通り一度施術が完了すればその後一生ムダ毛が生えて来ないものではなく、これには1958年と古くはあるもののアメリカの電気脱毛協会による一応の定義があります。それによれば、永久脱毛とは、脱毛施術完了後1ヵ月以内のムダ毛再生率が20%以下である場合とされています。そして、これは当時主流であった針(ニードル)脱毛下に於ける定義で、現在プロの施術としてメジャーな光を用いた脱毛では、その特性から修正も図られています。特に1996年にレーザー脱毛が登場して以後では、永久減毛という考え方が浸透しています。

この永久減毛の定義は、脱毛後毛周期を超える期間で、再発生する本数が長期に渡り減少し、またその状態が維持されていることを言います。光による脱毛は、ムダ毛の再生を抑制し根本から解消を図るものであり、毛周期に合わせ何度か照射することで徐々にムダ毛を少なくして行く方法であることから、この定義は永久脱毛よりも現代的な脱毛メカニズムに沿っています。従って、永久脱毛の現代的な意味は、ムダ毛が少ない状態を長期間維持できることにあります。そして、必要照射回数等は個々に異なりますが、光を用いた脱毛の特性には、脱毛それ自体に加え、照射することで肌細胞の活性化作用や施術前後に用いるケアアイテム等により美肌効果も期待出来る為、繰り返し照射を重ねることで、本来的な目的であるムダ毛の処理だけでなくプラスαのメリットもあり、より理想的な肌状態のキープも実現可能としてます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *