行ってわかる名古屋の医療脱毛のすごさ

VIO脱毛はなぜ痛みが強くなるのか?

全身様々な脱毛部位の中で、痛みが最も強く出るのがVIOです。

VIOはビキニラインと性器、肛門周辺の総称のことで、自分で処理するのが難しいためエステサロンやクリニックで人気が高い脱毛部位なのですが、注意しておきたいのが施術時の痛みです。エステサロンのフラッシュ方式や、クリニックのレーザー方式はメカニズムはほぼ同じ脱毛方法で、光またはレーザーをムダ毛部分に照射し、その際に生じる熱の力で毛母細胞にダメージを与えてムダ毛の再生をストップさせるというものです。

光とレーザーはメラニン色素という体毛に存在する黒い色素に反応し、熱を発生させます。メラニンが多く存在していない部分には反応しませんので、肌の広範囲に照射したとしても、熱はムダ毛の毛根部分にのみ発生するため少しチクっとするような刺激があるだけです。しかしVIOに関しては、皮膚の色が黒っぽくメラニン色素が多く存在しているため、光やレーザーを照射するとどうしても肌全体に熱が発生しやすく、痛みを強く感じる傾向があります。

他の部位と比べると毛量も多く、またムダ毛が太くしっかりとしていてメラニン色素も多いですので、それも痛みが出やすい理由になっています。少しでも痛みを軽減させるためには事前のシェービングを徹底的に行ってムダ毛を毛根ギリギリのところでカットしておくことですが、それでも人によっては痛みを強く感じることもあります。クリニックのレーザー方式の場合は麻酔の使用が可能ですので、どうしても痛みが我慢できない場合はカウンセリング時などに麻酔の使用について問い合わせてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *